助成情報

| ホーム | 趣旨・目的 | 助成の対象となる活動 | 助成期間終了後の提出書類 | 資料ダウンロード | 過去の助成先 |



趣旨・目的

 公益財団法人倶進会は「社会教育を通して我が国の社会に有為な人材を養成すること」を目的としています。本会は、その目的が現代社会の要請に応えて実現されることを願い、1999年から事業の一つとして、「広く社会に有為な人材の教育・育成を図るあるいはそれに関わる事業や研究」に対し助成を行なっています。
 しかし、同じような目的をもった公私の教育事業、福祉事業や社会事業が他にも多くすすめられており、また、それらの活動に対しては大財団による助成が提供されています。従って小規模、小財源の本会としては、有意義でありながらこれらの助成事業の対象からはもれるような活動を主として取り上げます。

  なお、助成の対象となる事業や研究は、営利、政治、宗教などの活動とは関係がなく、またそれらに偏った目的をもたないこと、および、活動の拠点が原則として日本国内にあることを条件とします。  

助成の対象となる活動

助成対象区分 | 応募資格 | 応募手続 | 注意事項 | 選考規準 | 助成金の交付方法 | 終了後の提出書類及び行事

I 一般助成区分
事業・活動 50万円以内
(1)身体障害などの理由により困難な状況にある幼児・若年者の順調な育成・教育の支援
(2)社会的、家庭的事情により一般の教育施設での教育を受けられないものに対する教育の支援
(3)市民、特に若年者の健全な社会的生活に必要な各種の啓蒙活動や支援
(4)障害者・老齢者・各種施設居住者の諸活動の支援
(5)障害者・老年者・更正施設の人たちに対する芸術的慰問

研究 (事業・活動の各項目に関する研究)
【大学院生】 30万円以内
※大学院生(個人)による研究(原則として修士・博士論文)
【一 般】 30万円以内
※個人またはグループによる研究(原則として学生以外)

設備・備品 80万円以内
※学校やその他の教育施設における身障者の学習を援助する機器や備品の購入
※事業・活動の各項目に関連して必要な備品の購入や施設の整備

会議参加 20万円以内
※事業・活動の各項目に関連する海外での会議・シンポジュウムへの参加

会議開催 40万円以内
※事業・活動の各項目に関連する会議・シンポジュウムの国内での開催
II 応募資格
  1. (1)実際に日本国内で活動あるいは研究に従事している団体ないし個人・グループ。
  2. (2)団体・グループとは、実際の活動を2人以上で行っていること。
  3. (3)活動の拠点となる事務所(代表者宅でも可)が確立していること。
  4. (4)法人である必要はないが、組織と代表責任者及び会計責任者が確立していること。
  5. (5)原則的に1年以内に終了する事業・研究を対象とする。
  6. (6)当会が公示する助成金に関する注意要項を厳守できるもの。
III 応募手続
公募期間 2016年12月1日〜2017年1月23日(必着)
応募方法
  1. (1)期限までに、指定の申請用紙に必要事項を記入し、封書で公益財団法人倶進会宛にお申し込みください。
  2. (2)期限を過ぎた申請及びメール添付、データでの送付は一切受け付けません。
提出書類 申請書は以下の計6部を送付して下さい
※ 申請書はダウンロード時の順番でお願いします。
※ 申請書の5P目、申請用紙以降をご提出下さい。
※1P〜4Pの注意事項及び説明書は入れないで下さい。
○正本 1部
○コピー 5部

※ 一部ずつ、クリアファイルに入れてください(ホチキスやクリップは
使用しないで下さい)
※ 参考資料も6部すべてに添付してください。
※ 本・CDなど大きなもの、枚数の多いものは1部のみで構いません。
IV 申請書提出に関する注意事項
申請用紙 当財団ホームページより応募書類をダウンロードできます。
※ダウンロード出来ない場合は郵送致しますので、事務局までメール、もしくはFAXで必要申請区分と郵送先を書いてご連絡下さい。
応募書類
  1. (1)申請用紙は一般助成区分に応じて、必要な書類を使用して下さい。(T参照)
  2. (2) 応募書類に不備があっても、当会からは連絡致しませんので良く確認のうえ送付して下さい。
  3. (3)申請者の事業活動、研究内容について知るために参考になる資料、および団体、グループの概略、詳細等について理解の助けに成る印刷物がある場合添付して下さい。
  4. (4) 推薦状について⇒申請書提出に際し推薦者2名の推薦状を提出下さい。推薦者は申請団体をよく知っており、助成を受ける事業活動/研究の内容を良く理解し責任を持って推薦する第三者であること。また助成を申請する事業活動に利益関係のないこと。推薦者に当会より照会を行う場合対応できる方であること。なお推薦者の肩書き・役職は問いません(推薦文は別紙添付でも可)
質問等

※ ご質問がある方は、メール、もしくはFAXにてお問合せ下さいますようお願い致します。
e-mail:mail@gushinkai.com
FAX:03-5366-5040

V 選考規準
  1. (1)事業/研究計画が本助成事業の目的に合致すること
  2. (2)申請者の意欲と責任感が認められ、実績から見て信頼できること
  3. (3)グループ・団体の場合は、組織が確立し、事業を担当する責任者が明確であること
  4. (4)計画の着眼が優れ、その効果の社会的意義が明確であること
  5. (5)計画が具体的で実行可能であること
  6. (6)研究会や会議等を開催する計画はその意義・実行可能性・効果が確実であること
  7. (7)財源を他に求められる可能性が小さいこと
  8. (8)大規模な企画の一部である場合は、その全体計画と財源の配分が明示されていること
VI 助成金の交付方法
  1. (1)助成金の決定は2017年3月27日となります。それ以前のお問い合わせは受け付けませんのでご了承下さい。
  2. (2)結果の発表は決定日以降に書面にて郵送致します。電話、メール等の御問い合わせはご遠慮下さい。
  3. (3)採択された応募者には、助成承諾書と引き換えに助成金を振込にて交付します。
  4. (4)選考において、申請金額を減額して助成決定を行う場合があります。
VII 終了後の提出書類及び行事
提出書類
  1. (1)報告書表紙
  2. (2)最終事業報告書(枚数制限なし)
  3. (3)会計報告書
  4. (4)領収書添付(枚数制限なし)
  5. (5)清算書(枚数制限なし)
  6. (6)報告集原稿(4枚以内)
受給者報告会 助成金受給年度の翌年、2018年11月11日土曜日に、受給者による報告会を開催します。原則的に参加して頂きます。
(詳細は開催年7月下旬頃書面にて通知致します)

(個人保護法について)

財団法人倶進会(以下倶進会)は、個人情報保護法の趣旨に基づき、以下のとおり個人情報の保護に当たります。

  1. (1)倶進会が収集し、保存する個人情報は、(1)助成に関する個人情報があります。
  2. (2)助成に関する個人情報は、助成金申請時の申請書となります。申請された個人情報は助成金受給者のみ倶進会の活動案内、連絡事項を送付する場合に使用いたします。
  3. (3)助成金受給者の氏名、所属団体名、助成金テーマは助成金給付先のデータとしてHP上に公開いたします。
  4. (4)助成金報告会の際、事業報告集を作成し、助成金受給者の氏名、所属団体、助成金テーマを掲載し、配布します。
  5. (5)倶進会では、法令の定める場合などを除き、本人の許可なくこの情報を第三者に開示・提供することはありません。
  6. (6)倶進会が保有する特定の個人情報は、当該本人からの開示、訂正や削除の要請があった場合は、確認した上で適切に対処いたします。
各種申請書のダウンロード
ファイルの種類
:MicrosoftWord形式ファイル :PDF形式ファイル
助成項目 提出時期 Word PDF
2017年度 一般助成:事業・活動(団体) 申請時に提出
2017年度 一般助成:事業・活動(個人) 申請時に提出
2017年度 一般助成:研究(団体) 申請時に提出
2017年度 一般助成:研究(個人) 申請時に提出
2017年度 一般助成:研究(大学院生) 申請時に提出
2017年度 一般助成:設備・備品 申請時に提出
2017年度 一般助成:会議開催 申請時に提出
2017年度 一般助成:会議参加 申請時に提出
助成金報告書 助成期間終了時に提出
予算変更申請書 予算変更時に提出
【助成書類等の送付先】
〒160‐0017
東京都新宿区左門町9番地 玉盛ビル301号
公益財団法人 倶進会
FAX:03−5366-5040