セミナー

| ホーム | セミナーのご案内 | 過去のセミナー |



セミナーのご案内

第120回 公開セミナー開催のお知らせ
2017年度 第4回目のセミナーを下記の通り開催致します。

日時 2018年1月20日(土) 13:00〜15:00
場所

公益財団法人倶進会 事務所(営団地下鉄丸の内線・四谷三丁目駅より徒歩3分)
新宿区左門町9番地 玉盛ビル302号 [ 地図 ]
TEL:03-3341-4190 FAX:03-5366-5040

題目 江戸に見る日本のかたち
発題者 山本博文 氏 (東京大学史料編纂所教授)
講師略歴 1957年岡山県津山市生まれ。
東京大学史料編纂所教授。専門は日本近世史。文学博士。
1992年、『江戸お留守居役の日記』(読売新聞社)により第40回日本エッセイストクラブ賞受賞。主な著書に『「忠臣蔵」の決算書』、『歴史をつかむ技法』、『武士道の名著』、『格差と序列の日本史』、『流れをつかむ日本の歴史』、『天皇125代と日本の歴史』などがある。NHKeテレ「智恵泉」、NHK「ラジオ深夜便」などテレビやラジオにも数多く出演している。
最近の著書に、『歴史の勉強法』(PHP新書)、『東大教授の「忠臣蔵」講義』(角川新書)
概要 戦国時代に日本に来たヨーロッパの宣教師は、一様に日本人の名誉心の強さを書き送っています。こうした日本人を前提に、江戸時代の武士と庶民のあり方を概観し、日本のかたちがどのように形成されてきたかを考えていきます。内容的には、武士道とはなにか、日本人の責任の取り方はどういうものだったかを中心に。
お申し込み

参加費無料:同好の方をお誘い下されば幸いです。
参加希望の方は
・お名前
・人数
を明記のうえメールにてお申し込み下さい
お申し込みメールアドレス: mail@gushinkai.com