セミナー

| ホーム | セミナーのご案内 | 過去のセミナー | 講演会記録 無料配布



セミナーのご案内

第125回 公開セミナー開催のお知らせ
2019年度 第1回目のセミナーを下記の通り開催致します。

日時 2019年4月13日(土) 13:30 ~ 15:30
※時間が変更になっておりますのでご注意ください
場所

公益財団法人倶進会事務所(営団地下鉄丸の内線・四谷三丁目駅より徒歩3分)
新宿区左門町9番地 玉盛ビル302号 [ 地図 ]
TEL:03-3341-4190 FAX:03-5366-5040

題目 大学教育の質保証についての模索のなかで
発題者 北原 和夫 氏
(東京工業大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授、日本基督教団三軒茶屋教会副牧師)
講師略歴 1946年年新潟県長岡市生まれ。1969年東大物理学科卒業。
在学時に学内の「柏蔭舎聖書研究会」に参加し、キリスト教学生寮「同志会」で二年間を過ごす。
大学院に進み、博士課程に進学してから1971~74年ブリュッセル自由大学物理化学教室にベルギー政府給費生として留学、理学博士号を取得。
1974~76年マサチューセッツ工科大学化学教室でポスドク研究員、
1976~79年東大物理学科助手、
1979~84年静岡大学教養部助教授、
1984~1998年東京工業大学応用物理学科助教授、教授、
1998~2011年国際基督教大学教養学部教授、
2011~2018年 東京理科大学大学院科学教育研究科教授。
2002~2003年 日本物理学会会長、2003~2006年日本学術会議会員。
1995~2018年 基督教学生寮「同志会」理事長。
2012~2018年 NPO物理オリンピック日本委員会理事長。
2018年5月 按手礼を受け6月以降日本基督教団三軒茶屋教会副牧師。
専門分野:非平衡系の統計力学、理科教育
著書:「非平衡系の統計力学」(岩波書店)、「統計力学」(講談社)、「プリゴジンの考えてきたこと」(岩波書店)、「量子力学と経路積分」(訳書、みすず書房)など
概要 2005年から日本学術会議の「科学リテラシー」のプロジェクト(150名ほどの研究者、教育者、行政者、産業界、マスコミ関係者など)に関わり、2008年に報告書「科学技術の智」を取りまとめた[1]。その後2008年から、文科省の審議依頼を受けて「大学教育の分野別質保証の在り方」の検討を行い、2010年に「回答」[2]を取りまとめて文科省に手交するとともに、分野別質保証のための「参照基準」の策定作業を始めた。各学問分野の教育内容を「世界の認識の仕方」と「世界への関与の仕方」という視点から、明示するという作業を進めてきた。各分野の教育の究極の目標を明示することで、大学の多様性を認めつつも大学間で普遍性を共有することを目的とした。さらに、分野を超えた学術の普遍性の共有も目指すものである。
2019年1月時点で32分野の「参照基準」が出揃った。現在「教育学分野の参照基準」の策定が進行している。各学問分野の内部でさえ各論にこだわりすぎて学問の全体像が見失われがちの状況の中で、「参照基準」の策定は、教員だけでなく、学生にとっても、さらに他分野の人々、さらに、中等教育、社会にとっても大学教育が透明性を持ってくる。
私自身、この日本学術会議での作業に関わりながら、一方で神学を学ぶ中で、「世界への関与」という視点が、すでに4世紀の思想家たち、とりわけアウグスティヌス、ニュッサのグレゴリウスに見られる「真理把握」における神性への「与り(participation、metousia)」の役割に到ることを見出した時の驚きは大きいものであった[3]。
学術が個別化、多様化している中で、普遍的な知を目指すことの意義を論じたいと思う。現在国際基督教大学を拠点として科学研究費基盤研究B(2017~2020年)「参照基準の利用状況を通した大学教育のカリキュラム改善に関する組織文脈的要因の考察」(研究代表・北原和夫)を進めている。 [1] http://literacy-report-web.scri.co.jp
[2] http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-k100-1.pdf
[3] 北原和夫「三位一体論におけるparticipationの概念」、日本聖書神学校卒業論文、2015年3月;アウグスティヌス著、 中沢宣夫訳、『三位一体論』、東京大学出版会、 1982; Balas, D. L., Με
τουσια Θεου: Man’s Participation in God’s Perfections According to Saint Gregory of Nyssa, Pontification Instituum, Romae, 1966.
お申し込み

参加費無料:同好の方をお誘い下されば幸いです。
参加希望の方は
・お名前
・人数
を明記のうえメールにてお申し込み下さい
お申し込みメールアドレス: mail@gushinkai.com